羽毛ふとん 綿ふとん メンテナンス 静岡 三島 ウメナ寝具本店(マニフレックス正規販売店) | お手入れ

お手入れ

寝具のお手入れ方法をご紹介

羽毛ふとん(羽毛の掛ふとん)

羽毛ふとんの丸洗い(クリーニング)

羽毛ふとんは専門の業者に出せば水で丸洗いが出来ます。ただし、丸洗いは側生地を傷め、中の羽毛(ダウン)が絡まりあって保温力が低下する可能性もあります。毎年丸洗いを行うのはオススメしません。5年に一度ぐらいの頻度で良いでしょう。

ふとんカバーをしっかり付けて、カバーを定期的に洗って下さい。

また、湿気を完全に飛ばす事(乾燥)が大切なので当店の丸洗いは約2週間お預かりします。価格の安い丸洗いは乾燥が不十分の可能性がありますので気を付けた方が良いでしょう。

●当店での羽毛ふとんの丸洗い価格 ※税込表示
冬用 Sサイズ4,900円 SD・Dサイズ6,000円 Qサイズ7,000円
春秋夏用 Sサイズ3,100円 SD・Dサイズ3,600円 Qサイズ4,200円

羽毛掛ふとんの作り直し(リフォーム)

羽毛ふとんはある程度使うと中身の羽毛が痛み膨らみが出なくなります。膨らみが出ないと保温力は落ちる上に、重く感じる様になります。その場合、新品に買い替えという選択肢だけでなく、作り直す(リフォームする)という選択肢もあります。この作り直しのシステムを寝具業界では「羽毛ふとんのリフォーム」と呼んでいます。

当店では日本羽毛ふとん診断協会認定の静岡県浜松市の契約工場で解体や洗浄を行います。

【羽毛掛ふとんの状態セルフチェック】
ご使用中の羽毛掛ふとんが下記の様な状態ならば、リフォームのタイミングだと考えられます。
□ そういえば10年以上使っている(結婚で購入して何年経ったかな…。)
□ 購入時よりも保温力が落ちた(いつの間にか毛布が必要になった。)
□ 側生地が破けて中身が出てくる(吹き出しが怖くてカバーが外せない。)
□ 臭いやシミが気になる(人は冬でも汗をかいて寝ていますので。)
□ 中身のダウンが移動している(ダウンが足元や端に寄っている。)
□ サイズや厚さを変更したい(使う人の体質やサイズに合わせたい。)
1つでも該当するなら専門家の「丁寧診断」に出してみましょう。

【ダウンプロフェッサーの丁寧診断】
羽毛ふとんに使われる原毛(中身の羽毛)の質はピンキリです。ご使用年数、日頃のメンテナンス具合、使用者などによっても痛み具合に差が出ます。当店ではまずお持ち込み頂いた羽毛ふとんがリフォームをした方が良い状態なのかを丁寧に診断します。

診断方法はふとんの側生地のミシン目をほどき、中身の羽毛を取り出して、透明のケースに入れてダウン率やピリング具合、ファイバー状態などを確かめます。羽毛を実際に診る事で的確なリフォームのご提案が行えます。

※診断・お見積り後にリフォームは行わず返却ご希望の場合は、ほどいたミシン目を縫製し直してお返しいたします。お返しは 後日になってしまいます。

「ダウンプロフェッサー」とは羽毛ふとんの正しい知識をもとに羽毛の状態を正しく診れる能力を持つ者を意味します。日本羽毛ふとん診断協会が認定しています。
※日本羽毛ふとん診断協会についてはこちらの公式Webサイトをご覧ください
http://www.umou-futon.or.jp/

当店のリフォームの特徴
その①【個別管理の温水洗浄(スーパークリーンコース)】
効率が悪くなってコストも増しますが個別管理を行います。他のお客様の羽毛ふとんと一緒に洗浄はしません。
ダウンを傷めずに汚れをキレイに落としたいので45℃の温水で洗浄します。(スーパークリーンコースのみ)
洗浄方法はこの他に除塵コースとスチームリフレッシュコースがございます。

当店のリフォームの特徴
その②【追加ダウンは6種類(細かな要望に対応可能)】
破損した再生不能ダウンは2回の除塵工程でキッチリ除去します。
減った分の補充用追加ダウンは6種類ご用意しています。
基本は同じグレードのダウンを追加しますが、リフォーム後の用途に応じて細かく対応します。
※夏用のダウンケット等を補充用としてお持ち込み頂いても構いません。

当店のリフォームの特徴
その③【新しい側生地の組成は全て綿100%(選べる約30種)】
新しい側生地は吸湿性を考慮して全て綿100%です。当店は新品として販売している羽毛ふとんも全て綿100%の側生地にこだわっています。
見本に触れて肌触りや柄も確認出来ます。綿100%の生地でも綿糸の細さや生地の織り方によって特徴が異なります。
羽毛ふとん本体にカバーをしても、本体の側生地の柔らかさは肌沿い(保温力)と関係しますし、綿糸の細さは生地の軽さ(羽毛ふとんの軽さ)と関係します。
※お持ち込み頂いた羽毛ふとんの側生地は返却出来ません。ご了承ください。

【料金・ご予算・お見積り無料】
お持ち込み頂いた羽毛ふとんと同じ品質にリフォームする事を想定した時のご予算

シングル(SL)⇒シングル(SL)の場合
温水洗浄スーパークリーンコースで税込38,600~74,000円
スチーム洗浄リフレッシュコースで税込32,600~62,000円
※洗浄はしないで除塵のみ、追加ダウンもしない場合は23,000円から可能です。

ダブル(DL)⇒ダブル(DL)の場合
温水洗浄スーパークリーンコースで税込52,300~94,500円
スチーム洗浄リフレッシュコースで税込44,300~86,500円
※洗浄はしないで除塵のみ、追加ダウンもしない場合は31,900円から可能です。

新品同様にふっくら再生させたい場合は温水洗浄スーパークリーンコースをオススメします。

【お預かり期間】
季節によってお預かり期間は変動します。
6~11月は約4~6週間 12~5月は約2~3週間

羽毛ふとんのリフォームに関するよくある質問

Q,1 予算がそれぐらいなら新品を買った方が安くなりませんか?
A,1 お持ちの羽毛ふとんと“同スペック”の新品としっかり比べてみましょう
 今の新品の羽毛ふとんは原材料費の高騰もあり、色々な点で安く見せる工夫がされています。中身の羽毛(ダウン)の質、羽毛の使用量、側生地の質、キルティング方法など、羽毛ふとんの値段を決めるポイントはたくさんあります。まずはお持ちの羽毛ふとんを診断して、スペック(仕様)を確かめて、今の市場価格でどれぐらいの価値があるのかを確認してみて下さい。


Q,2 ネットや他店のチラシではもっと安く出来るみたいですけど…?
A,2 リフォームの料金を比べる時の「ポイント」を覚えておきましょう
 リフォームは「①洗浄方法」「②追加ダウン」「③側生地」「④キルティング」の選び方で料金が決まります。特に①の洗浄方法は同じ洗い方でも個別に洗うか、他の羽毛ふとんと一緒に複数をまとめて洗うかでは費用が相当変わります。料金だけの単純な比較ではなく、リフォームの内容もしっかり考慮して比べてみて下さい。

Q,3 夏用の肌掛ふとん(ダウンケット)にリフォームする事も出来ますか?
A,3 肌掛ふとん(ダウンケット)にリフォームは出来ます
 羽毛の肌掛ふとんを同じ肌掛ふとんにリフォームする事も、冬用や春秋用の羽毛ふとんを夏用の肌掛ふとんにリフォームする事も出来ます。また、冬用の羽毛ふとんをリフォームする際に追加ダウンとして肌掛ふとんを持ち込んで頂いても構いません。

Q,4 必要になる時期(晩秋~初冬)まで預かって頂けませんか?
A,4 お見積り金額を“全額前払い”頂ければお預かり致します
 お見積りしたリフォームの料金を前払いで全額お支払い頂ければ必要な時期までお預かり致します。通気性の良い不織布のバッグに入れて保管し、そのバッグも一緒にお渡しします。通常はお見積り金額の約1/3の代金を前金(手付金)として頂きます。

羽毛ふとんのリフォームの実例紹介

当店がこれまでにお受けしてきた羽毛ふとんのリフォームの「実例」をいくつかご紹介します。羽毛の原毛の高騰と重なり、ここ数年で急激に羽毛ふとんのリフォームの件数は増えています。当店はこれまでに400枚以上の羽毛ふとんをリフォームさせて頂いております。

※尚、羽毛原毛の高騰(価格変動)や生地価格の改定に合わせて料金を修正しました。Webサイト上の料金は同じ仕様で“今”リフォームを行った場合のものです。リンク先のBLOGは当時の料金のまま掲載してあります。

  • 【実例①】「SL冬用 ⇒ SL軽量」
    ・洗浄方法「温水洗浄コース(スーパークリーン)」
    ・新しい側生地「お任せ柄立体キルト(綿100%/60サテン)」
    ・足し羽毛「無し」
    ・サイズ「SL(150×210cm)」
    【料金】「33,000円(税込)」
    ◆詳しくはBLOGで
    ⇒お店の日常(2018年6月10日)
     『羽毛ふとんの作り直し(リフォーム)の実例①』

  • 【実例②】「SL冬用 ⇒ SL冬用」
    ・洗浄方法「温水洗浄コース(スーパークリーン)」
    ・新しい側生地「クレアAツインキルト(綿100%/80サテン)」
    ・足し羽毛「ホワイトマザーグース95%/dp440以上」
    ・サイズ「SL(150×210cm)」
    【料金】「72,000円(税込)」
    ◆詳しくはBLOGで
    ⇒お店の日常(2018年6月19日)
     『羽毛ふとんの作り直し(リフォーム)の実例②』

  • 【実例③】「SL冬用 ⇒ SL新品」
    ※仮にこの羽毛ふとんを同じ品質の側生地、同じ品質の足し羽毛を一般的な目減り分(200g)足すと仮定してリフォームの見積もり
    【料金】「39,600円(税込)」
    ◆詳しくはBLOGで
    ⇒お店の日常(2018年7月3日)
     『羽毛ふとんの作り直し(リフォーム)の実例③』

  • 【実例④】「DL冬用 ⇒ DL冬用」
    ・洗浄方法「温水洗浄コース(スーパークリーン)」
    ・新しい側生地「シオンB立体キルト(綿100%/60サテン)」
    ・足し羽毛「ホワイトグース90%/dp350以上」
    ・サイズ「DL(190×210cm)」
    【料金】「61,300円(税込)」
    ◆詳しくはBLOGで
    ⇒お店の日常(2018年7月10日)
     『羽毛ふとんの作り直し(リフォーム)の実例④』

  • 【実例⑤】「DL春秋+DL夏 ⇒ SL春秋用×2」
    ・洗浄方法「温水洗浄コース(スーパークリーン)」
    ・新しい側生地「シオンA5×6マス3cmマチ立体キルト(綿100%/60サテン)」
    ・足し羽毛「無し」
    ・サイズ「SL(150×210cm)」
    【料金】「2枚で69,000円(税込)」
    ◆詳しくはBLOGで
    ⇒お店の日常(2018年7月26日)
     『羽毛ふとんの作り直し(リフォーム)の実例⑤』

  • 【実例⑥】「DL冬+SL冬 ⇒ SL冬用×2」
    ・洗浄方法「温水洗浄コース(スーパークリーン)」
    ・新しい側生地「お任せ柄立体キルト(綿100%/60サテン)」
    ・足し羽毛「無し」
    ・サイズ「SL(150×210cm)」
    【料金】「2枚で67,000円(税込)」
    ◆詳しくはBLOGで
    ⇒お店の日常(2018年8月19日)
     『羽毛ふとんの作り直し(リフォーム)の実例⑥』

不要な羽毛ふとん(羽毛製品)は無料回収します!「Green Down Project」

当店は「Green Down Project」にも協力しています。Green Down Projectとは、簡単に説明すると地球の大切な資源である羽毛(ダウン)を捨てずに活用していこうという取り組みです。

●詳しくは下記のGreen Down Projectホームページをご覧ください。
http://www.gdp.or.jp/

このプロジェクトに協力し、使わなくなった羽毛製品(羽毛布団、寝袋、ダウンジャケット、ダウンベスト、ダウンマフラーなど)を当店で無料回収しています。

回収した羽毛製品は国内の工場で解体・洗浄を行い、新たな製品(主にダウンジャケットやダウンベスト)として生まれ変わります。

●製品について詳しく知りたい方はこちらを。
http://www.gdp.or.jp/products/

静岡県東部地域では富士市の「ikkaイオンタウン富士南」さんが回収場所となっておりますが、こちらはジャケットとマフラーのみが対象です。静岡県東部地域で布団や寝袋まで回収している場所は今のところ当店だけです。(2019年6月4日現在)

●全国の回収場所を知りたい方はこちら。
http://www.gdp.or.jp/collect/ 

次世代のため、羽毛循環サイクル社会を築くため、使わない羽毛製品の回収とGreen Down製品のご購入(Green Down Project)にご協力をお願いします。

羽毛ふとんは天日に干していい

羽毛ふとんが日本で販売された頃は天日に干してはいけないと言われていましたが、リフォームの際に中身の羽毛の状態を比べると、干す習慣のある方の羽毛の方が状態が良く、現在では積極的に干す事が推奨されています。干す時間は10~14時の間に1~2時間程度で構いません。
側生地に少しでもキズがつくと中身の吹き出しが起こるので、ふとんカバーを掛けた状態で干すと側生地を傷めるリスクを下げる事が出来ます。
もちろん、ふとん乾燥機を使う事もオススメです。

手づくり綿ふとん

敷ふとんは3年に一度、掛ふとんは5年に一度、打ち直し

手づくりの綿ふとんは「打ち直し」という伝統的な再生方法があります。
打ち直しの目安は敷ふとんで3年、掛ふとんで5年と言われています。通常使用の場合、それぐらいの時間が経つと干しても膨らまなくなり、体を支えたり、体を保温したりと本来の綿ふとんの能力が発揮されなくなります。
また、人間が使っている布団は長年使うとダニやノミの温床となります。打ち直しの過程で熱殺菌されるので、衛生面を考えても打ち直しが必要です。
※綿ふとんがダニやノミの温床なのではなく、人間が使ってメンテナンスを怠った布団がダニやノミの温床となります。綿ふとんに限らずにふとんや寝具は定期的にお手入れをしましょう。

【手づくり綿ふとんの状態セルフチェック】
ご使用中の手づくり綿ふとんが下記の様な状態ならば、打ち直しのタイミングだと考えられます。
□ 干しても膨らまない(敷ふとんで3年、掛ふとんで5年の使用が目安です。)
□ 重たくなった(綿ふとんは非常に吸湿性の良いふとんです。水分が含まれると重たくなります。)
□ 夜中に寒くて目が覚める(ふっくらしている綿ふとんは敷も掛も保温力が高いです。)
□ 敷ふとんの場合、起きると体が痛い(硬いせんべい布団は体に悪いのです。)

【打ち直しの料金】※表示金額は税込です。
打ち直しの料金は新しくする側生地の種類によって決まります。生地は全て綿100%です。

綿平織り無地 綿サテン 上質綿サテン
S/SL⇒S/SL 11,000円
D/DL⇒D/DL 15,500円
S/SL⇒S/SL 13,500円
D/DL⇒D/DL 18,900円
S/SL⇒S/SL 15,000円
D/DL⇒D/DL 21,000円

●綿平織り無地生地は6色からお選び頂けます。
●綿サテン生地と上質綿サテン生地は写真の様に生地見本が展示されています。見て触ってお好きな柄をお選びください。
●静岡の伝統的な織物「遠州木綿(遠州綿紬)」生地での打ち直し料金は20,000円(税込)です。

※お持ち込み頂いた綿ふとんの側生地は外さなくて構いませんが、側生地の返却をご希望の場合は手数料:1,000円(税込)が掛かります。

【足しわた】
お持ち込み頂いたふとんの“わた”の状態によって「足しわた(追加料金)」が掛かる場合もございます。足しわたは「新わた」の4種類からお選び頂けます。
≪新わた≫ ※表示金額は税込です。
桜(綿80%・ポリエステル20%) 1枚 650円
空(綿70%・ポリエステル30%) 1枚 700円
和(綿95%・ポリエステル5%) 1枚 800円
富士(綿100%) 1枚 900円
※同サイズ、同仕様に打ち直す場合は基本的に1~2枚の足しわたが必要だとお考えください。
※不要な手づくり綿ふとん(座布団)があれば余分に一緒にお持ち込みください。足しわたとして活用します。残わたの返却をご希望の場合は返却分の打ち直し手数料を別途頂きます。

【お預かり期間】
約2週間
※季節によって多少前後します。

【代え敷ふとん】
打ち直しの仕上がりまで使う敷ふとんが無い方は代わりの敷ふとん(綿ふとん)をお貸しする事も出来ます。
打ち直し料金にプラスして1枚500円(税込)

ベッドマットレス用の敷ふとんやお昼寝用の長ざぶとんに仕立て替え

ベッドマットレスが硬すぎて寝にくい方がベッドマットレスに敷ふとんを重ねて使うケースは多いです。この様な使い方で、手づくりの綿ふとんを使用する場合は通常のわた量の敷ふとんではなく薄めに作っても構いません。打ち直しのタイミングでわた量を減らす事が出来ます。天日干しが楽になります。

押し入れで眠っている綿ふとんをお昼寝用の長ざぶとんに仕立て変える方も多いです。

この様な通常の敷ふとんや掛ふとんではないふとんに打ち直す場合は、お持ち込みの綿ふとんと仕立て直す綿ふとんの内容に応じてお見積りします。お見積りはもちろん無料です。

打ち直しの実例紹介

当店がこれまでにお受けしてきた「打ち直しの実例」をいくつかご紹介します。

  • 【実例①】「敷S×2 ⇒ 敷S×2」
    20年近く打ち直しをしないで使い続けてきた綿わたの敷ふとんを同じサイズの敷ふとんに打ち直しました。
    【料金】「合計30,000円(税込)」
    ※上質サテンコースの敷ふとんSサイズ1枚15,000円(税込)
    ◆写真の布団がどうなったか詳しくはBLOGで
    ⇒お店の日常(2018年6月16日)
     『綿わた敷ふとんは打ち直すとこんなフワッフワッに!』

  • 【実例②】「夏用座布団×5 ⇒ 座布団×3と小ざぶとん×4」
    夏用の八端判サイズの座布団5枚を銘仙判サイズの座布団3枚と45×45cmサイズの小ざぶとんに打ち直しました。小ざぶとんはお孫さん用の可愛い生地を使っています。
    【料金】「合計19,400円(税込)」
    ※座布団1枚3,800円(税込)、小ざぶとん1枚2,000円(税込)
    ◆写真の座布団がどうなったか詳しくはBLOGで
    ⇒お店の日常(2019年2月28日)
     『綿ふとんの打ち直し活用術「夏用座布団×5 ⇒ 座布団×3と小ざぶとん×4」』

綿ふとんは頻繁に干して乾燥させる

綿ふとんは非常に吸湿性が良く、人が使用しなくても空気中の水分を吸収してしまいます。水分が含まれた綿ふとんは硬く重たくなり本来の能力を発揮出来ません
理想は週に1度、定期的に天日に干しましょう。干すのが難しい場合は風通しを良くしたり、ふとん乾燥機を使って、出来るだけ乾燥した状態をつくりましょう。

丸洗いのメリットとデメリット

綿ふとんは水で丸洗いする事が出来ます。ただし、綿ふとんを水で洗うと綿わたの油脂も一緒に洗い流してしまって綿わたがパサパサになります。この状態は吸湿性のアップというメリットがある反面で、潰れやすくなるデメリットもあります。
新品の綿のタオルが何回か洗濯すると使いやすくなる(吸水する)のと同じです。

●当店での綿ふとんの丸洗い価格 ※税込表示
敷ふとん Sサイズ3,600円 SD・Dサイズ4,200円
冬用掛ふとん Sサイズ3,600円 SD・Dサイズ4,200円

ふとん・寝具をキレイにしたい!「丁寧な丸洗い・クリーニング」

当店のふとん・寝具の丸洗いは東京八王子の老舗業者に委託してます。ベテラン職人が一品一品仕上がりを確認しながら出来る限りキレイに仕上げます。乾燥も徹底しますので、お預かりする時間を約2週間頂きます。大切な寝具を丁寧にしっかり洗いたい方にはオススメです。

基本的に水洗いですが、毛布などは洗濯表示に従ってドライクリーニングも行います。

ふとん・寝具の「丸洗い・クリーニング」料金表 ※税込表示です
羽毛掛ふとん(冬用) サイズ S:4,900円 SD・D:6,000円 Q:7,000円 Jr:3,600円 B:3,100円
羽毛合掛・肌掛ふとん サイズ S:3,100円 SD・D:3,600円 Q:4,200円
綿わた敷ふとん・掛ふとん(冬用) サイズ S:3,600円 SD・D:4,200円 Jr:2,600円 B:1,600円
綿わた肌掛ふとん サイズ S:1,900円 SD・D:2,400円
羊毛混わた敷ふとん・掛ふとん サイズ S:3,600円 SD・D:4,200円
化繊わた敷ふとん・掛ふとん サイズ S:3,600円 SD・D:4,200円
真綿(絹)合掛ふとん サイズ S:4,900円 SD・D:6,000円
真綿(絹)肌掛ふとん サイズ S:3,100円 SD・D:3,600円
ベッドマットレス
※マニフレックスでも金属スプリングでもOK
サイズ S:9,200円~ SD・D:11,200円~ Q:14,000円~
※素材や仕様、マニフレックスの場合は購入店によって料金が異なります。
マニフレックス 三つ折マットレスタイプ
サイズ S:4,700円 SD・D:5,200円 Q:6,000円
※他店でお買い上げのマニフレックス製品は料金が異なります。
マニフレックス 敷ふとん・オーバーレイタイプ
サイズ S:4,200円 SD・D:4,700円 Q:5,400円
※他店でお買い上げのマニフレックス製品は料金が異なります。
ムアツふとん サイズ S:3,600円 SD・D:4,200円
こたつ掛ふとん 正方形/綿わた:3,600円 化繊わた:2,600円
長方形/綿わた:4,200円 化繊わた:3,600円
毛布(綿・アクリル・ポリエステル) サイズ S:850円 D:1,100円
※アクリル2枚合わせ S:1,250円 D:1,600円
毛布(ウール・カシミヤ・シルクなど) サイズ S:1,100円 D:1,600円
※洗濯表示に従って丸洗いの方法を変えます。
まくら パイプ:750円~ 羽毛・ウレタン・マニフレックス:1,100円~
※サイズによって料金が変わります。
当店オリジナル枕:1,500円

●料金表のSサイズはシングルサイズおよびシングルロングサイズを指します。Jrサイズはジュニア、Bサイズはベビーサイズを指します。
●こたつ掛ふとんの長方形は長辺が250cmまでの仕様を指します。それ以上大きいサイズは別料金です。
●ウレタン系の丸洗いは乾燥に時間が掛かります。2週間以上お預かりする場合がございます。

こんな寝具も洗える「マニフレックス」

当店では高反発マットレスの「マニフレックス」も丸洗いを行っています。

10年近く使える寝具のマニフレックスは長年使えば当然汚れます。ご愛用者様からも洗いたいという声を多く頂いたので、当店は独自にマニフレックスを丸洗いできる業者を見つけ、自社責任で丸洗いをしています。16年以上マニフレックスを販売しており、これまでに多くの製品を丸洗いしてきましたので安心して下さい。ベッドマットレスタイプの場合は専用クリーナーで洗います。

●オススメのタイミング
5~7年に1回、生地や芯材をキレイにしたい時、カビが発生してしまった時に
※カビは発見が早ければ落とせます

●マニフレックス製品の丸洗い価格 ※税込表示 ※他店で購入したマニフレックス製品の場合は価格が異なります。
エルゴトッパー Sサイズ3,600円 SD・Dサイズ4,200円
敷ふとん・オーバーレイタイプ Sサイズ4,200円 SD・Dサイズ4,700円 Qサイズ5,400円
※パッドJPシリーズ、イタリアンフトンⅡ、マニ・フトンシリーズ、スーパーレイシリーズ
三つ折りマットレスタイプ Sサイズ4,700円 SD・Dサイズ5,200円 Qサイズ6,000円
※ウィングシリーズ
ベッドマットレスタイプ Sサイズ9,200円~ SD・Dサイズ11,200円~ Qサイズ14,000円~
※製品によって価格が異なります。

同じ様なタイプのウレタンマットレス「ムアツ」「エアー」等も丸洗いを承ります。ただし、突起の部分の破損の恐れ(特にエアー)がありますので、それはご了承ください。

こんな寝具も洗える「枕」

当店では「枕(まくら)」も丸洗い出来ます。

マニフレックスの高反発枕、ダウンピロー等、色々な素材の枕が洗えます。枕は寝具の中でも汚れやすいですが、合わなくなる可能性もあるので簡単に買い替える事も難しい寝具です。洗いながら清潔に長く使い続けましょう。

●オススメのタイミング
3~5年に1回、汚れや臭いが気になった時に

●枕の丸洗い価格 ※税込表示
パイプ枕 35×55cmサイズ750円 43×63cmサイズ1,100円
そば枕 35×55cmサイズ750円 43×63cmサイズ1,100円
ポリエステルわた枕 35×55cmサイズ750円 43×63cmサイズ1,100円
ダウン枕(羽毛枕) 43×63cmサイズ1,100円
マニフレックス枕 43×63cmサイズ1,100円 ピローグランデロング1,400円
ムアツ枕 43×63cmサイズ1,100円
当店オリジナルセミオーダーメイド枕 1,500円(側生地、中材、シートの3種類全て洗います。)

羊皮を使った高級寝具「ムートンシーツ」のお手入れ

当店では羊皮を使った高級寝具の「ムートンシーツ」のお手入れも承ります。
※ムートンラグも承ります。

ムートンシーツのお手入れ方法は3種類「イージークリーニング」「丸洗い」「ムートンメンテナンス」です。1年に1回の「イージークリーニング」を行い、3~5年に1回、毛が潰れてパサパサになった時に「ムートンメンテナンス」を行って頂くのをオススメしています。

【イージークリーニング】(6~8月の夏季限定)
パスチャ―という特殊なクリーナーを使ってムートンシーツの汚れを吸い取ります。お預かり期間は約1~2日です。
シーツ(S)2,000円(税込) シーツ(SD)3,000円(税込) シーツ(D)3,000円(税込)
ラグ(正方形)4,000円(税込) ラグ(長方形)5,000円(税込)

【丸洗い】
水で丸洗いを行います。お預かり期間は約2~3週間です。
シーツ(S)8,200円(税込) シーツ(SD)11,000円(税込) シーツ(D)11,000円(税込)
ラグ(正方形)14,400円 ラグ(長方形)21,600円(税込)

【ムートンメンテナンス】
奈良県の工場まで送り、洗浄し、潰れた毛並みを起こし整え、仕上げにラノリンも注します。料金には往復の送料も含まれます。お預かり期間は約4~6週間です。
シーツ(S)23,500円(税込) シーツ(SD)29,000円(税込) シーツ(D)35,000円(税込)
ラグ(正方形)46,000円(税込) ラグ(長方形)57,000円(税込)

ご自宅まで伺う便利な「出張サービス」

寝具のお手入れはしたいけど…
□ 車を持っていない・車が運転出来ない
□ ニュースを見ていて車の運転が怖くなってきた
□ 寝具が大量だから自家用車には載り切らない
□ 小さい子供がいて簡単に外出が出来ない
こんな理由でお店まで行けない…

そんな方は当店の「出張サービス」をご活用下さい!

静岡県東部・伊豆地域と神奈川県足柄郡箱根町にお住まいの方なら、3,000円以上のご注文でご自宅まで出張回収や見積もりに伺います。近隣地域でしたら手数料は無料です。
●詳しくはこちらを
同Webサイト内(会社概要)⇒「宅配&出張サービス」

日常のお手入れの基本

寝具は乾燥させる

寝具は日頃使用している場合も、使わずに押し入れ等で保管している場合も基本は「乾燥」させましょう。

使用している場合は定期的に天日に干したり、寝室で風を通したりして湿気を飛ばしましょう。花粉症で外に干すのが出来ない場合や梅雨や寒い時期などに「ふとん乾燥機」を持っていると非常に便利です。

敷きっぱなしの敷ふとんやベッドマットレスなどは裏側が空気に触れにくいです。フローリングに直接敷ふとんを使う場合は特に注意が必要です。乾燥を怠るとカビが発生して不衛生です。

保管する場合も乾燥させて通気性の良い不織布のケースや風呂敷を活用しましょう。

ウールやカシミヤ等の絨毛製品は虫に喰われる可能性がある為、乾燥剤や防虫剤を一緒にして保管しましょう。

ふとん・マットレスの「徹底乾燥」料金表 ※税込表示です

丸洗いをお願いしてる業者で乾燥のみを行う事も出来ます。シーズン終了後の保管前に行うのがオススメです。お預かり期間は約2週間です。

羽毛掛ふとん(冬用) サイズ S:1,650円 SD・D:2,000円 Q:2,400円 Jr:1,200円 B:1,050円
羽毛合掛・肌掛ふとん サイズ S:1,050円 SD・D:1,200円 Q:1,400円
綿わた敷ふとん・掛ふとん(冬用) サイズ S:1,200円 SD・D:1,400円 Jr:900円 B:550円
綿わた肌掛ふとん サイズ S:650円 SD・D:800円
羊毛混わた敷ふとん・掛ふとん サイズ S:1,200円 SD・D:1,400円
化繊わた敷ふとん・掛ふとん サイズ S:1,200円 SD・D:1,400円
真綿(絹)合掛ふとん サイズ S:1,650円 SD・D:2,000円
真綿(絹)肌掛ふとん サイズ S:1,050円 SD・D:1,200円
ベッドマットレス サイズ S:5,100円 SD・D:5,750円 ※要予約
マニフレックス 三つ折マットレスタイプ
サイズ S:1,600円 SD・D:1,750円
マニフレックス 敷ふとん・オーバーレイタイプ
サイズ S:1,400円 SD・D:1,600円
ムアツふとん サイズ S:1,200円 SD・D:1,400円
圧縮は厳禁

ふとんを保管する際に掃除機などの力を利用して圧縮するのは厳禁です。布団の中わたが壊れて本来の性能を発揮出来なくなります。羽毛ふとんの場合は側生地にキズがついて中身の羽毛が噴き出す場合があります。
ふとんを良い状態で保管したい場合は人間の力で小さくする程度に留めましょう。

洗濯表示の見方

寝具や衣類などの家庭用品に付いている「洗濯表示」が2016年12月から新しくなりました。家庭で洗える寝具は特に夏用で増えていますが、良い状態を保ちたい場合はしっかり洗濯表示を確認して、表示に従って洗濯しましょう。
特に天然素材を使った寝具はデリケートな寝具が多いです。消費者庁のWebサイトでも洗濯表示に関する情報が公開されていますので、こちらも是非チェックしましょう。
http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/household_goods/laundry_symbols.html

家庭で簡単に洗濯できる掛ふとんは裏を返すと水分を吸わない

家庭で簡単に洗濯できると謳う羽毛掛ふとんや夏用掛ふとんの多くは言い方を変えると「家庭でも簡単に乾燥ができる」という事です。それは、ふとんに水分が溜まらないから乾燥が簡単にできる事を意味します。
水分の溜まらない(水分を吸わない)ふとんは使うと蒸れます。ふとんを蹴飛ばす原因にもなります。快適に眠る為のふとんとしてはあまりオススメ出来ません。
寝具を家庭で簡単に洗える事を優先するか、しっかり睡眠をとる事を優先するか。その様な寝具を購入する際は、その点を検討して下さい。

カバーの毛玉は洗濯漕に溜まったゴミ

カバーを使っているといつの間にか毛玉が付く事があります。これはカバーを洗濯した時に洗濯漕に残った「ゴミ」が絡まって付く場合が多いです。
特に組成がポリエステルのカバーは静電気が起きてゴミが付きやすいです。カバーを洗濯する場合はネットに入れて洗ったり、洗濯漕の掃除をマメに行いましょう。

メールでのお問い合わせはこちら