快眠 相談 寝具 マニフレックス 静岡 ウメナ寝具本店(マニステージ三島) | 快眠アドバイス

快眠アドバイス

快眠アドバイスは当店に寄せられた睡眠や寝具に関する相談とその対応の記録です。

このページでは最新の快眠アドバイスと、これまでに行ってきた快眠アドバイスから今注目のものを掲載しています。

バックナンバーからはこれまで行ってきた全ての快眠アドバイスを見ることが出来ます。こちらは当店のBLOG(アメブロ)へリンクしています。

最新の快眠アドバイス  2019年6月25日

『お手入れの事を考えた新しいベッドのカタチ「レイヤースタイル」』

皆さん、ベッドを買おうと思った時にどうしますか?何を考えて購入しますか?

見た目やデザイン、収納力や機能性、ブランド、価格、体への影響力や寝心地、フレームは天然無垢材がいい、マットレスは低反発or高反発orポケットコイル…

色々と考える事はあると思いますが、どうか使い始めてからの「日頃のお手入れの事」も考えて欲しいと思います。

ベッドも布団と同じ「寝具」です。買ったら寝室に置いたままでOKとはいきません。ベッドは基本的に季節に関係なく同じモノを使い続けますし、人が毎晩6~9時間もの長い時間を過ごす場所、その間ずっと寝返りに耐え、汗にまみれ、あなたを支え続けてくれます。

お手入れしない訳にはいかないですよね?

そんなお手入れの事までしっかり考えたベッドのカタチを今日はご紹介します。

それから、当店が紹介する寝具は快適に眠れる事を大前提にしていますのでご安心下さい。今回のベッドのカタチも例外ではありません。


新しいベッドのカタチ『レイヤースタイル』

レイヤー(layer)とは「層」を意味します。お手入れがしやすい様にベッドのマットレスを2層以上にして、しかもそれぞれが独立し分けられる様にするスタイルを「レイヤースタイル」と呼ぼうと思います。

2層構造や3層構造は同じだけど、一つのマットレスとして製品化されている従来のモノとは違いますよ。マニフレックスの製品で言うなら「フラッグFX」「モデルローマ」「T‐75」等ですね。

家具屋さんで扱っているベッドのマットレスも最近は金属スプリングマットレスに柔らかいウレタンの層を重ねる2層や3層構造のタイプが多いです。その為、このタイプのマットレスは目にする機会は増えていると思いますが、層ごとに独立し分けられる事、取り外せる事がお手入れを簡単にさせるポイントなのです。

【干したり、洗ったり、お手入れ出来るというメリット】

写真の事例はマニフレックスの「カモ・ウィング」を下に敷いて、その上に「マニ・フトン カモ」を重ねているスタイルです。

上の層、マニ・フトン カモなどのオーバーレイマットレスや敷ふとんなら持ち運びが楽に出来るので陰干しや天日干しをする事が出来ます。従来のベッドマットレスでは干すという作業はかなり難しいですよね。高級なマットレスほど厚く重たくなる傾向にありますし。

ベッドのマットレスでも人が使えばダニやノミが発生します。寝ているだけですが、長年使えば何かしら汚れたりするものです。汗のシミが付く事も少なくありません。そんな場合でもレイヤースタイルなら上の層だけ外してクリーニングに出す事が出来ます。(当店なら「丸洗い」が出来ます。)

何十年と使えば流石にベッドマットレスもヘタります。そんな時にベッドマットレスをまるごと処分して買い替える必要がなく、上の層だけ買い替えたり、上の層が綿ふとんなら打ち直しすれば良いので、とても経済的です。もちろん廃棄物の減量にも繋がりますよね。

そして、下の層、カモ・ウィングも三つ折りタイプなので立てて干す事が出来ます。それから三つ折りタイプは芯材のローテーションも組めますので、最も圧が掛かりヘタリやすい真ん中部分を入れ替える事が出来ます。このローテーションを行えば、この仕様の三つ折りマットレスは実際にはとっても長持ちします。

この三つ折りタイプも当店ならクリーニングが出来ます。このスタイルでは基本的に直接寝る事はありませんので、そんなに汚れる心配はありませんが、万が一の場合でも洗える事は安心ですよね。

■当店の丸洗いサービスについて詳しくはこちら
当店Webサイト(お手入れ)⇒『ふとん・寝具の丁寧な丸洗い・クリーニング』

【メリットはお手入れ以外にも】

急にお客さんが泊まる事になってもマニ・フトン カモとカモ・ウィングはそれぞれ単品でも使えるマットレスなので、マニ・フトン カモを外してお客様用の敷ふとんにも出来ます。収納スペースが少ないマンションやアパート住まいの場合にも便利です。

ただし、上の層の対象の寝具は敷ふとんとして使うには薄いタイプもあります。

当店では「敷寝具のレンタルサービス」を行っています。マニ・フトン カモを始め、上の層に使えるマットレスの多くがレンタルの対象なので自宅に持ち帰り1週間試す事も出来ます。

下の層に三つ折りタイプを使う場合はそれもレンタルの対象なので、同時にレンタルしてもらえば実際の寝心地を試せます。ただしカモ・ウィングはレンタルの対象外なのでメッシュ・ウィングでお試し下さい。

ベッドを買う時に店頭での試し寝だけじゃ不安な方は少なくないと思います。実際の寝心地を眠って試せるのは安心ですよね。

■本当の試し寝!1週間実際に使ってマニフレックスの効果を試せます。
当店Webサイト(こだわり寝具)⇒『敷寝具のレンタルサービス』

【デメリット】

上の層と下の層がそれぞれ独立しているのでズレる可能性があります。特に下の層にマニフレックスのメッシュ・ウィングを使うと生地が滑りやすいので上の層がズレる可能性は高いと思います。

対策としてはBOXシーツを全周ゴム仕様にするか、写真の商品「サスペンダーベルト」を使ってBOXシーツを締め付けるのもオススメです。

■サスペンダーベルトについて詳しくはこちら
当BLOG:新商品&ピックアップ商品(2016年9月23日)
『サスペンダーベルト』ベッド用BOXシーツをキレイに固定!

一体化されているマットレスと比べると、上と下の柄が合わない事もあるので見た目が少し悪いと思う方もいるでしょう。そんな方には見た目もデメリットになります。

しかし、BOXシーツで覆ってしまえば見た目は普通のベッドマットレスになりますよ。このケースはトータルの厚さが19.5cmです。一般的なBOXシーツが充分に使える厚さです。

場合によっては上と下の層でサイズが少し合わない事もあります。

これは対策が思い浮かばないので、これが気になる人は合うサイズでレイヤーの組み合わせを選びましょう。

これらがデメリットだと思います。上記してきたメリットと天秤に掛けてみて下さい。

【組み合わせが色々、多彩な寝心地】

レイヤースタイルの対象になり得る寝具は上下合わせて12種類ほどあります。また3層にするパターンもありますので、色々な寝心地を作れる事も魅力になります。布団の寝心地をベッドスタイルで作る事も可能です。

オススメの組み合わせをいくつか挙げます。

〈その①〉
【上】「マニ・フトン カモ」+【下】「カモ・ウィング」or「マニ・スポーツ」

※マニ・フトン カモの上に更に「エルゴ・トッパー」や「羊毛や綿わたのベッドパッド」を乗せてもOK
※写真のレイヤースタイルの下はカモ・ウィングです。

Sサイズの合計価格(下がカモ・ウィングの場合)27,606円+33,858円=61,464円(税込)
※SD・Dサイズまで対応可能
Sサイズの合計価格(下がマニ・スポーツの場合)27,606円+47,520円=75,126円(税込)
※SD・Dサイズまで対応可能

〈その②〉
【上】「イタリアンフトンⅡ」+【下】「カモ・ウィング」or「マニ・スポーツ」

※イタリアンフトンⅡの上に更に「羊毛や綿わたのベッドパッド」を乗せてもOK
※写真のレイヤースタイルの下はカモ・ウィングです。

Sサイズの合計価格(下がカモ・ウィングの場合)27,606円+33,858円=61,464円(税込)※SD・Dサイズまで対応可能
Sサイズの合計価格(下がマニ・スポーツの場合)27,606円+47,520円=75,126円(税込)
※SD・Dサイズまで対応可能

〈その③〉
【上】「スーパーレイロイヤル」+【下】「カモ・ウィング」or「マニ・スポーツ」

※写真のレイヤースタイルの下はマニ・スポーツです。

Sサイズの合計価格(下がカモ・ウィングの場合)45,144円+33,858円=79,002円(税込)
※SD・Dサイズまで対応可能
Sサイズの合計価格(下がマニ・スポーツの場合)45,144円+47,520円=92,664円(税込)
※SD・D・Qサイズまで対応可能

〈その④〉
【上】「Futon5(天然ラテックスマットレス)」+【下】「カモ・ウィング」or「マニ・スポーツ」

※Futon5の上に更に「羊毛や綿わたのベッドパッド」を乗せてもOK
※写真のレイヤースタイルの下はマニ・スポーツです。

Sサイズの合計価格(下がカモ・ウィングの場合)51,840円+33,858円=85,698円(税込)
※SDサイズまで対応可能
Sサイズの合計価格(下がマニ・スポーツの場合)51,840円+47,520円=99,360円(税込)
※SDサイズまで対応可能

〈その⑤〉
【上】「手づくり綿わた敷ふとん(薄め)」【下】「カモ・ウィング」or「モデル246」

※上の綿わた敷ふとんは「打ち直し」が出来ます。
※写真のレイヤースタイルの下はモデル246です。

Sサイズの合計価格(下がカモ・ウィングの場合)17,800円+33,858円=51,658円(税込)
※SD・Dサイズまで対応可能
Sサイズの合計価格(下がカモ・ウィングの場合)17,800円+39,204円=57,004円(税込)
※SS・SD・D・Qサイズまで対応可能

〈その①~④〉で下をマニ・スポーツにすると三つ折りには出来ませんが、サイズのズレがほとんどありません。またトータルの厚さも22~24.5cmになるのでゴージャスな感じになります。

マニ・スポーツや同じベッドマットレスタイプのモデル246はマニフレックスの製品なので芯材はエリオセルです。金属スプリングじゃないので軽いです。持ち上げたりひっくり返したりが簡単に出来ます。

〈その④〉のFuton5は人によっては重たく感じる場合があるので注意して下さい。

〈その⑤〉や3層のパターンにして羊毛や綿わたのベッドパッドを重ねる場合は、汗取りの敷パッドは必要ありません。
快適な睡眠とお手入れのしやすさが同時に手に入る新しいベッドのカタチ「レイヤースタイル」に興味がある方は是非当店までお越し下さい。

睡眠や寝具に関する相談は電話やメールでも受け付けていますので、お気軽にどうぞ。

【電話番号】055-977-2200(営業時間内にお願いします。)

【E-Mail】info@umena.biz(48時間以内の返信を心掛けています。)

●その他の快眠アドバイス ⇒ http://ameblo.jp/sleepdesigner/entry-11902557375.html

■半世紀以上、世界中で愛され続ける高反発寝具マニフレックスの事なら当店まで!
当店Webサイト ⇒『こだわり寝具』

■マニフレックスのご愛用者様に製品の評価(良い点・悪い点)も頂いています!
当店Webサイト内 ⇒『お客様の声』

■今回のアドバイスに関連する当店BLOG記事も是非ご覧ください。
当BLOG ⇒ 店内の様子(2019年2月18日)
『話題の低反発マットレスと高反発マットレスを寝比べてみて下さい』
当BLOG ⇒ お店の日常(2019年2月12日)
『マニフレックスを試さずに高反発寝具が語れない理由』
当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2017年4月18日)
『マニフレックスと類似品の決定的な違い』
当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2017年3月14日)
『“さわる・すわる・ねる”は全て違う』
当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2015年8月23日)
『高反発と硬いは違う』
当BLOG ⇒ 快眠アドバイス(2014年10月28日)
『敷ふとんは硬い方がイイという誤解』

この季節に読んで欲しい快眠アドバイス 2019年5月28日

『寝具のお手入れは自分や家族のカラダのため』

毎日使っている寝具、6~8時間という長い時間を一緒に過ごしている寝具、きちんと「お手入れ」していますか?

寝具の適切なお手入れは寝具を良い状態で長く使うために必要です。

良い状態とは「快適な睡眠を得る環境を保てる状態」の事。ただキレイな状態という意味だけではありません。

そして快適な睡眠は自分のカラダを健康に保つために必要です。

睡眠はカラダの機能を正常に働かせるため、脳を正常に働かせるための「メンテナンスの時間」ですからね。

つまり『寝具のお手入れは自分や家族のカラダのため』なのです。

健康のために夜の食事は炭水化物を減らしています。塩分や脂質などの摂り過ぎに気を付けています。

カラダのためにスポーツをしたりジムに通っています。立ち仕事を増やしたり、出来るだけ歩く様にしています。

そんな感覚で快適な睡眠のために寝具のお手入れも行って頂きたいな~って思います。

ご家庭で行うお手入れの基本は『乾燥させる事(湿気を飛ばす事)』です。どんな寝具も原則としてジメジメした状態で保管したり使ったりするのはダメです。天日干しや布団乾燥機を使って寝具をカラッとした状態にしておく事を心掛けて下さい。

そして、病院の健康診断や自動車の車検の様に寝具の専門家の「お手入れサービス」も活用して下さい。

以下に当店が行っている「寝具のお手入れサービス」を寝具の種類別にオススメのタイミングも合わせてまとめておきます。

【冬用の羽毛掛ふとん】

★徹底高温乾燥
(1年に1回、押し入れに収納する前に)
料金:Sサイズ1,650円、SD/Dサイズ2,000円、Qサイズ2,400円

★水で丸洗い・クリーニング
(3~5年に1回、生地をキレイにしたい時に)
料金:Sサイズ4,900円、SD/Dサイズ6,000円、Qサイズ7,000円

★作り直し・リフォーム
(10年以上使っていて中身までキレイにしたい時、生地が破けてしまった時に)
料金目安:Sサイズ⇒Sサイズの同仕様変更の場合
スチーム洗浄で32,600円~53,000円
温水洗浄で38,600円~74,000円

■羽毛掛ふとんの作り直し・リフォームについて詳しくはこちら!
当店Webサイト(お手入れ)
『羽毛掛ふとんの作り替え(リフォーム)』

■こちらの関連BLOG記事も是非ご覧ください!
・当BLOG(寝具のなるほど活用術)2016年5月14日更新
『羽毛ふとんは仕立て直せる!』(羽毛ふとんのリフォーム)
・当BLOG(快眠アドバイス)2015年6月18日更新
『羽毛ふとんのリフォーム(仕立て直し)の価格差について』
・当BLOG(お知らせ)2016年4月14日更新
日本羽毛ふとん診断協会認定の『ダウンプロフェッサー』を取得しました。

【春秋用の合掛ふとん・夏用の肌掛ふとん】

★徹底高温乾燥
(1年に1回、押し入れに収納する前に)
料金:Sサイズ650円から、SD/Dサイズ850円から
※掛ふとんの中わたの種類によって料金が異なります。

★水で丸洗い・クリーニング
(3~5年に1回、生地をキレイにしたい時に)
料金:Sサイズ1,900円から、SD/Dサイズ2,400円から
※掛ふとんの中わたの種類によって料金が異なります。

【手づくり綿わた敷ふとん】

★徹底高温乾燥
(梅雨時期や冬場の天日干しが出来ない時に)
料金:Sサイズ1,200円、SD/Dサイズ1,400円

★打ち直し・仕立て直し
(毎日使っている場合は3年に1回、干しても膨らまないと感じた時、ダニやノミを死骸まで除去したい時に)
料金目安:Sサイズ⇒Sサイズの同仕様変更の場合
11,000円~20,000円※新しくする生地によって料金が異なります。

■綿ふとんの打ち直しについて詳しくはこちら!
当店Webサイト(お手入れ)
『敷ふとんは3年に一度、掛ふとんは5年に一度、打ち直し』

★水で丸洗い・クリーニング
(おねしょをした時、客用として使っている場合は使用後に)
料金:Sサイズ3,600円、SD/Dサイズ4,200円

【マニフレックス高反発マットレス】

★徹底高温乾燥
(3~5年に1回、反発力が弱くなったと感じた時に)
料金:Sサイズ1,200円から、SD/Dサイズ1,400円から
※製品によって料金が異なります。

★水で丸洗い・クリーニング
(5~7年に1回、生地や芯材をキレイにしたい時、カビが発生してしまった時に)
料金:Sサイズ3,600円から、SD/Dサイズ4,200円から
※製品によって料金が異なります。

【ムートンシーツ】※ムートンラグも承ります。

★イージークリーニング
(1年に1回、6月~8月の間の夏季限定サービスです)
料金:Sサイズ2,000円、SD/Dサイズ3,000円
※特殊なクリーナー「パスチャ―」で表面の汚れを吸い取ります。

★ムートンメンテナンス
(3~5年に1回、毛が潰れてしまったりパサパサになってしまった時に)
料金:Sサイズ23,500円、SDサイズ29,000円、Dサイズ35,000円
※工場への送料も含まれています。

【枕】

★水で丸洗い・クリーニング
(5~7年に1回、汚れや臭いが気になった時に)
料金:パイプ枕750円から、ダウン枕1,100円から、マニフレックス枕1,100円から
※枕のサイズによって料金が異なります。

ここに紹介の無い寝具(毛布やベッドパッドなど)のお手入れも承りますよ。ベッドマットレスのクリーニングを除いて特にご予約は要りませんので、営業時間内にお持ち込み下さい。

■寝具の徹底高温乾燥や丸洗いについて詳しくはこちら!
同Webサイト内 ⇒ 『丁寧な丸洗い・クリーニング』

また、周辺地域にお住まいの方なら3,000円以上のご注文でご自宅まで出張で回収に伺います。(対応地域や手数料についてはお問い合わせ下さい。)

お手入れに関する事以外でも睡眠や寝具に関する相談はお気軽にどうぞ。電話やメールでも受け付けていますので。

【電話番号】055-977-2200(営業時間内にお願いします。)

【E-Mail】info@umena.biz(48時間以内の返信を心掛けています。)

メールでのお問い合わせはこちら